11月 28, 2014 at 2:09 PM • Posted in 為になる記事コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 営業マンに必要なものは熱意と誠意
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
営業マンに必要なものは熱意と誠意営業研修について学ぼう

営業にも2つの種類があることは、仕事をされている方なら想像がつくだろう。営業には法人向けと個人向けがあり、それぞれにスキルが違うため営業研修の内容も変わってくる。

会社や組合、宗教などの団体へ向けての接触方法と、個人もしくは一家族という単体に向けての接触方法、販売方法、サービスは完全に異なるためだ。自動車販売においてはほとんどが個人へ向けての接客となるため、営業研修なども個人へ向けての販売方法が特化するわけだが、法人であれ個人であれ、どちらにも熱意がなければ商品を売ることはできないだろう。熱意もなく、誠意の欠片もない営業から商品を買いたいとは誰も思わないはずだ。

また話し上手な人間が営業に向いていると思われがちだが、実はあまり結果を出さないというのが現実のようだ。確かにたくさんの商談成立を決める者もいるが、口が上手いことが災いして逆に信用されないというリスクもある。

口先だけで熱意のない説明よりも、口下手な人間が誠心誠意しゃべる内容のほうが人心をくすぐるらしい。どちらにしても営業研修ではまず熱意と誠意を叩きこんで欲しいと思う。

Sorry, comments are closed.