1月 28, 2015 at 2:19 PM • Posted in 為になる記事コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 新車販売ディーラーへ入社して、15年が経っても…
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
新車販売ディーラーへ入社して、15年が経っても…営業研修について学ぼう

自動車販売ディーラーに就職し、営業へ配属されてから15年になりますが、未だに売り方がわからないときがあります。営業研修を受けた頃は「いつか、慣れてわかってくるだろう」と思っていたのに、コンスタンスに売れるようになればなるほど、販売することとは、営業とはなんだろうと考えてしまうのです。

昇進してノルマ台数が増えたこと、後輩が増えたこともそう考えさせる要因のひとつかもしれません。後輩たちが四苦八苦しながら接客している姿を見つつ、自らもお客様を相手に新車の説明を行う。ときに後輩たちへアドバイスをしても、それは営業研修で得たマニュアルとは違うものになります。

販売ディーラーにはお勧めしたい新車、会社が一押ししている新車など売らなければならない商品は数多くあります。一つ一つの新車にウリがあって、そこを押して営業を進めてゆくことが決まっていても売り方は何通りもあるのです。

それは各家庭、個人が抱えている事情によって購入したい車種や方法が違ってくるから。営業研修を受けて15年経ってもなお、僕は迷いながら、それでも前へ進んでゆくのでしょうね。

Sorry, comments are closed.